FC2ブログ

SimCity開発記

SimCityのプレイ日記です!都市の画像、自作テキストを交えて紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪駅

あまりにも写真の枚数が多すぎるので、


都市写真:大阪編を3部作にしたいと思います。


『大阪駅編・景観編・再開発編』の3つに分けて更新します。


1部目は大阪駅編です。


120219_151252.jpg


新しくなった大阪駅は初でした。


120219_082253.jpg


ホームと特急サンダーバード。


120219_082322.jpg


2年前来た時とは大違いでした。


120219_144410.jpg


列車が行きかう大阪駅のホーム。


120219_082307.jpg


大阪ステーションシティー。


移動し正面口へ。


120219_132922.jpg


解放感あふれる正面口。


120219_132947.jpg


新しくなった駅ビル。


120219_144307.jpg


新たな待ち合わせスポット(?)になった金の時計。


120219_144423.jpg


金の時計をバックに伊勢丹。


120219_144639.jpg


広場全景。光の感じが最高。


120219_144521.jpg


『OSAKA STATION CITY』


120219_144825.jpg


緑のある憩いの場所。


大阪駅は2年前に来た時以来だったので、すごくびっくりしました。


人が行きかう騒がしさの中にもどこか落ち着きがあるように感じます。


この前の時は工事中だったので…(笑)


お土産を求めて大阪駅構内を歩き回りました。


とにかく広かった!


駅だとしても都市のランドマークに十分なりうるくらい、


豪華で壮大でそして落ち着きがありました。


とは言っても大阪駅はただの通過点だったんですけどね(汗)


いい感じの写真も撮れたので満足です。


そして次回は景観編!とあるスポットから撮影しました。


これもなかなかいい風になっているので、お楽しみに!



スポンサーサイト

神戸


2月19日に神戸(六甲アイランド)へ行ってきました。


日帰りだったため慌ただしくてあまりゆっくりはできませんでしたが、


写真は撮ってきました。今から載せていきます!まずは1枚目。


120219_090221.jpg


大阪駅からJR神戸線快速姫路行きに乗ること約20分。


神戸市住吉駅に到着。そしてまた乗り換え、六甲ライナーに乗り六甲アイランドへ。


120219_124444.jpg


神戸新交通の六甲ライナー。鉄道?というよりはモノレール寄りの乗り物。


終点のアクアマリン駅まで約10分で結ばれています。料金は上限240円。


120219_123359.jpg


六甲ライナーの車窓から。


六甲アイランドはベットタウンという印象が大きかったです。


120219_091739.jpg


120219_091756.jpg


120219_091643.jpg


アイランドセンター駅で下車。


中心部には高層ビルやおしゃれな建築物が多く建っていました。


なかでも…


120219_091901.jpg


神戸ファッション美術館!おしゃれすぎる!


しかし時間の関係でここはスルー(泣)


120219_092322.jpg


リゾート地のような景観があるというのも特徴の一つだと思いました。


埋立地とは思えないほどきれいな場所だった!


120219_091714.jpg


終点へと続く六甲ライナー。


太平洋・瀬戸内海側は晴れ晴れしていて気持ちがいい!


120219_123739.jpg


帰りの六甲ライナーの車窓から神戸港を望む。


この辺の臨海部は広大な工業地帯(阪神工業地帯)が広がっていました。


そして左奥に見えるのは神戸市の中心都市部。


~実際に神戸に行ってみての感想~


神戸は大きな震災があったとは思えないほど発展したきれいな場所だった!


神戸市の中心部へは時間の都合上行けなかったのは残念でしたが、


景観もサイコ-で大阪にアクセスしやすくていい!


住みたいと思いました(笑)


雪もなく久々に太陽を浴びた気がしました。


日本海側はそれほど冬はどんよりしているということです。


次行くときは中心部にも行けるといいな…


ということで次回は大阪です。2年ぶりの大阪は再開発の真っただ中。


こうご期待!


Comeing soon...







第4回 クチバシティ


今回は前回の宣言どおりクチバシティです。


前の日曜日には予定通り神戸・大阪に行ってきました。


その写真も後日UPします!


そして今回は『クチバシティ』ということで現実でいう千葉市~木更津市辺りです。


クチバシティ-89.9 月.181329738849


まずは全体図。ほぼ全域がビル街となっています。


なので密度が恐ろしいほど高いです。細かく見ていきましょう。


主要交通は新幹線です。コガネ~ヤマブキを結ぶトージョウ新幹線が走っています。


沿線には副都心、都心が建設されています。


クチバシティ-89.9 月.71329738792


クチバ副都心エリア。このエリアには主に行政機関が整備されています。


この都市は2年前近く前?に開発した都市なので、


かなり雑ですよ…細かく見るとほんとに酷いです。


カントー高速湾岸線とトージョウ新幹線が通っています。


クチバシティ-89.8 月.271329738705


そして新都心エリア。このエリアは主に商業の中心地です。


シオンタウン~クチバ新都心を結ぶ高速鉄道線のターミナル駅があります。


作り直したいくらいのクオリティーの低さ。


クチバシティ-89.9 月.31329738747


都心エリアは高層マンションが中心。


隣接する都市『セキチクシティ』との結びつきが最も強く、


新幹線の駅は使用率が134%あります。ただ無職が…


空港線、南線の始点の鉄道駅もあります。


クチバシティ-89.9 月.51329738766


林立する高層マンションと空港。


この周辺はとんでもないほど密度が高い!


空港線はパンク寸前…。まさかこんなことになるとは。汗


クチバシティ-89.9 月.61329738781


臨海部工業地帯。


ハイテク産業の工業地帯の中心地。


港は整備されていませんが、高速道路輸送が主となっています。


~Date~


中マップ クチバシティ


人口 384912人


商業人口 117498人


工業人口 10645人


結局これは失敗作都市です。次回に期待してください(汗)







神戸へ

とある事情により明日の始発特急で神戸に向かいます。


早春寒波により少しダイヤの乱れも心配ですが、


とにかく行ってきます。


午前中は神戸で過ごし、午後からは大阪へ移動します。


日帰りなのでかなり過密スケジュールですが行ってきます!


120218_154933.jpg


写真もいっぱい撮ってきますよ。

クオリア帝国 グラナダpart6

1週間ぶりの更新です。


この1週間は試験勉強に徹していたため更新ができませんでした。


試験も終わり、一息ついたところです。


今回で6回目の新大陸開拓記。


今回は108年から165年まで続いた57年間の高度経済成長期の終焉です。


開発から108年目。山間部の『緑ヶ丘地区』(巨大ベットタウン)開発を皮切りに、


急激な人口増加、経済発展を遂げてきました。


108年当時の写真はこちら。


クオリア帝国 グラナダ-108.12 月.311326632000


中心部を中心に栄え、各地区の開発が急ピッチで行われていました。


この時点で人口61万人。


そして次がピーク時の165年の写真。


クオリア帝国 グラナダ-165.10 月.101328287433


都市化が進み都市が広がりました。


この57年間の間に新幹線の中心駅である新グラナダ駅を中心に、


新都心が開発されました。


人口増加により各交通機関が麻痺しグラナダWESTライナー(グラナダ西新幹線)


を開発したのもこの57年間の間です。人口は95万人を越え97万人に。


商業人口も一気に増え51万7千人に。


しかしオフィス需要の大暴落と通勤時間の増加により、


高度経済成長期は終焉を迎えました。


それからというもの中心部でも高層ビルの廃墟化が進み、


一時97万人の人口が90万人に。商業人口も45万人にまで落ち込みました。


大陸首都グラナダは発展停滞期を迎えました。


そして20年経過。再開発プロジェクト作動!


・ 廃墟は全て撤去し新たなビルに建て替える


・ 需要を伸ばすため隣接している都市『ドーバー』の開発を進める。


・ 中心部に新たな高速⇔地下鉄道接続ターミナル駅を開発


・ 都市化の推進は控え、経済の発展を促す


・ 各駅の巨大化再開発(輸送量限界値の底上げ)


これらの政策を実行したところ、


人口は95万人、商業人口は47万人にまで回復しました。


そしてグランドスクエア駅が開業した中心部の写真がこちら。


クオリア帝国 グラナダ-183.6 月.81329493856


グラナダ経済特別区中心部地区の写真。


大陸首都のランドマークである『インターナショナル コレクトセンター』を


中心とする地区です。グランドスクエア駅が開業したため、


中心駅であるグラナダ中央駅の輸送限界が多少緩和されました。


しかしまだまだ交通機関の問題は山積みです。


この都市は大通りが少ないため、道路の拡張政策をとろうかとも考えています。


さて次回の更新では夢の100万人都市になっているでしょうか?


楽しみにしててください!





近況

明日から試験が始まるので、今週1週間はSimCity記事は更新できません。


次の休日は臨時休校も合わせ4連休なので2月19日(日)には、


予定通り神戸に行く予定なので後日それについても更新します。


もしかしたら更新できるかも…というかんじですが、


今のところはわかりません。汗


最後に…


120128_082353.jpg


大雪の北陸地方。ピーク時は70㎝を超えました。


今は40㎝くらいまで溶けました。


19日の日は大雪で電車が運休にならないことを祈ります。


それではまた!

米沢


昨年の10月、諸事情により山形県米沢市に行ってきました。


バスでの旅だったのですが新潟県村上市からの山越え。


国道492号、113号線で米沢市へ。


国道と並立して走るJR米坂線は凄かった。


山越え谷越え川を越え…。いつか乗ってみたいと思いました。


では最初の写真。


やまがた!!


旅の始まりは名立・谷浜SA。


新潟県ですがあまりにも綺麗だったので撮りました。


やまがた!! (3)


国道113号線沿いにある『道の駅おぐに』


後ろの山は紅葉が始まっていてなかなかでした!


やまがた!! (5)


JR米沢駅。


米沢駅は山形新幹線、米坂線、山形線の駅です。


『愛』 直江兼続が開拓した米沢の地は歴史が深く、


落ち着いた山の中の都市でした。


やまがた!! (11)


都市部から離れるとすぐに山が!


早朝に撮影したのですが、


山が雄大でまるで仙人がいるかのような景観でした。


美しい山岳風景がある都市はいいですね!


やまがた!! (15)


縁結び…。


まだ私には関係のないことですが、


珍しいな!と思ったので撮ってきました(笑)


やまがた!! (17)


整備された街道のバックには美しい山…。


さすがにSimCityでは再現でききれない景色ですよね。


いやーほんとに美しい!


やまがた!! (13)


『なせば成る
     なさねば成らぬ何事も
           成らぬは人の為さぬなりけり』 上杉鷹山


米沢市は都市!というよりは落ち着いていて『山と共存している都市』


という印象を受けました。


自然と共存する都市というのはいいですね!


大都市ばかり作りたがる私にとってはいい勉強になりました。笑


次回は富山…の予定でしたが、


2月18日からもしかしたら神戸に行くことになるかもしれないので、


次回は神戸になる可能性もあります。


楽しみにしていてください!



六本木ヒルズ 森タワー


久しぶりのBAT紹介ということで今回は『六本木ヒルズ 森タワー』です。


まずは画像をどうぞ。


カンホクシティ-00.1 月.281327745852


クオリティーの高さに驚きです。


実物を見たことはありませんが、その細かさと迫力は伝わってきます。


カンホクシティ-00.1 月.281327745873


屋上部分。もう「すごい!」としか言いようがありません。


写真に写したようなリアリティーです。


カンホクシティ-00.1 月.281327745929


カンホクシティ-00.1 月.281327745980


入り口部分。


カンホクシティ-00.1 月.281327745992


華麗な曲線美。笑


光の当たるかんじも言い感じです。


財政に余裕のある都市がある方はいかがでしょうか?


まさに三ツ星☆☆☆BATですね。


~説明~


六本木ヒルズ 森タワー


森ビル主導の複合施設、六本木ヒルズの中核を担う超高層ビル

Landmark
Size 9×9
Capacity CO§§§ 10000人


http://sc4batworks.web.fc2.com/sc4batworks.html


↑S.C.4 B.A.T worksというサイトにUPされています。


クオリア帝国 グラナダpart5


第5回新大陸開拓記です。


今回は人口100万人直前記念と新交通機関開発について書いていきます。


まずこの都市も人口90万人の大台を突破し、


現在人口95万人弱となっています。


人口の増加により各交通機関の輸送率が落ち、


通勤時間が問題で無職の住人が増えてきているというのが現状です。


まずは画像をご覧ください。


クオリア帝国 グラナダ-165.10 月.101328287433


全交通機関の中心である『グラナダ中央駅』を中心に、


高速鉄道網、バス、環状線で何重にも都市を囲むようになっています。


ベットタウン開発による急激な人口増加により、


各種交通機関が悲鳴をあげている状態でした。


現状を解決すべく立ち上がったプロジェクトがこちら。


緑ヶ丘の新たな交通 ~都心直結型輸送を目指して~


と言うことで前回新幹線を延伸、地下鉄を延伸、環状線の拡大。


この3つの内どれかで解決を目指すと書きました。


考え抜いた末、出した答えは…


クオリア帝国 グラナダ-159.12 月.41328111060


『新幹線』


緑ヶ丘西部にあるJCTの近くに新たなターミナル駅を建設しました。


他都市との接続はなく山形・秋田新幹線のようなミニ新幹線ということで、


特急方式を取り入れ開発を進めました。(規格はフル規格)


都市部から外れた西部を通っておりこれからの西部開発の礎となる、


重要な交通機関として期待されています。


区間は新緑ヶ丘駅からグラナダ新都心駅の区間。


駅数はその区間だけで4つを予定しています。(高速鉄道方式)


最後に開発結果報告。


・ 新幹線、地下鉄、鉄道いずれかの交通機関で現状の容量越えを解決。…


・ 資金はできるだけ抑え目に。最短、最安ルートで着工。…(グラナダ西部)


・ ストロー効果により他地区の発展を妨げないように。…(さらなる発展に期待)


・ 沿線地区にも利得が得られるような輸送計画を。…(各駅部周辺の発展に期待)


・ 輸送速度はできるだけ早く。…(グラナダ都市新幹線緑ヶ丘線)


結果、すべてにおいて達成することができました。


開業すると都市内最速の250㎞の高速輸送で緑ヶ丘~新都心間が結ばれます。


まずは緑ヶ丘~新都心間で直通開業しました。


これから沿線部に駅を開発していきたいと思います。


次回書くときにはきっと100万人を突破しているでしょう。


お楽しみに!








クオリア帝国 グラナダpart4

今回で第4回目です。今回は都市最大のベットタウンです。


その名も『緑ヶ丘地区』。


クオリア帝国 グラナダ-151.9 月.221327678679


都心部から離れた少し標高の高いところにあります。


この地区周辺は交通渋滞ならびに鉄道の利用率がものすごく高いです。


そのため中央部からの高速鉄道は2線化して利用率を分散しています。


クオリア帝国 グラナダ-151.9 月.221327678726


緑ヶ丘駅周辺部。高速鉄道分散化の効果もあり、


利用率低下に成功しました。


この区画だけで総人口の3分の1くらいの人口が集中していると考えられます。


それでも緑ヶ丘中央線(空港地域から緑が丘駅)と、


緑ヶ丘線(グラナダ中央駅から緑ヶ丘駅)は楽にキャパシティを越えています。


新たな手を打たなければなりません。汗


新たな輸送案としては…


グラナダ西部にも新幹線を延伸(緑ヶ丘と新都心を結ぶ)


地下鉄路線の拡張(高速鉄道と同様に分散化)


環状線(鉄道)から延伸←中心部と直結しない


この3つが案です。


1つ目の新幹線延伸については、設置費と維持費が高いという問題や、


新幹線用の巨大ターミナルを建設する必要があるという問題点が。


地下鉄路線の拡張は地下鉄駅のキャパシティが低すぎるため、


再びキャピタルオーバーの恐れが。


鉄道延伸は都心部と直結しないことが問題点として挙げられます。


ということで…


緑ヶ丘ベットタウンNEW輸送計画発令!


まず開発計画を練るときにはコンセプトを。


緑ヶ丘の新たな交通 ~都心直結型輸送を目指して~


案としては…


・ 新幹線、地下鉄、鉄道いずれかの交通機関で現状の容量越えを解決。


・ 資金はできるだけ抑え目に。最短、最安ルートで着工。


・ ストロー効果により他地区の発展を妨げないように。


・ 沿線地区にも利得が得られるような輸送計画を。


・ 輸送速度はできるだけ早く。


ということで、順次再開発のほうに移行しようと思います。


ですが迷いどころですね。新幹線か鉄道か地下鉄か。


最後にこの地区の交通の詳細を。



~交通インフラ~


・ 高速鉄道(緑ヶ丘線、ベットタウン急行線(BTライン)、緑ヶ丘中央線)


・ 高速道路(緑ヶ丘IC、緑ヶ丘東IC)


・ 地下鉄→2路線


次回もお楽しみに!





FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。