FC2ブログ

SimCity開発記

SimCityのプレイ日記です!都市の画像、自作テキストを交えて紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Planat Sahara



これこそ新大陸開発記の舞台である大陸の名称です。


この大陸は大マップ16x16の大きな地域です。


全体的に乾燥した気候で、植物は大きな河川や海岸、オアシス付近にのみ存在します。


三日月状の大陸中央付近は広大な平地となっており、大きな河川がいくつかあります。


また、ところどころにオアシスが点在しています。


内陸部は標高が高くなっており、草原地帯が広がっています。


というようなサバンナ、オアシス地帯になっているMAPです。


Planet20Sahara-20111127.jpg


そして私が開発しているクオリア帝国、フロンティア国ともに


大陸のほぼ中央部に位置しています。


この大陸を開発しきるのは難しいでしょう。(デカすぎて)


Simcity-BAT memo


リンクです。よかったらどうぞ!

スポンサーサイト

フロンティア国 マリウスpart1


今回はグラナダ帝国を離れて、景観重視の都市を作ってみました!


フロンティア国 マリウスシティです。


イメージとして地中海風の大都市をイメージした


『自然あふれる都市』です。


フロンティア国 マリウ-05.2 月.101331988279


初めはこんな感じ。


中心部は近代建築物が立ち並ぶオフィスエリアです。


半島の先端部なので80%は海で囲まれています。


中央には高速道路、内灘の沿岸部を添うようにして鉄道が。


そして臨海部には空港が整備されています。


これを元に開発を進めていくと…


フロンティア国 マリウ-20.9 月.81332149332


こうなりました!


灘の沿岸部を中心に大型ベットタウンとして西欧風の高層ビルが立ち並ぶ。


もうすこし離してみると…


都市近郊は住宅地が広がり、バスによって中心部とつながっています。


フロンティア国 マリウ-20.8 月.311332149298


なんかいい!景観都市ってむずかしい…でも作り甲斐はありますね!


そしてそして中心部。


フロンティア国 マリウ-20.11 月.261332149567


自然あふれるとはこれのこと。


ビルの足元を見ると木々が生い茂り緑化されています。


中心部だからこそ木々が多めになっています。


これぞ環境モデル都市!


ということでこれからは景観都市についても触れていきたいと思います!


それではまた。


Comeing soon...

クオリア帝国 ドーバーpart1


今回の新大陸開拓記は首都グラナダの南に位置する、


『工業都市・ドーバー』です。


主にハイテク産業が中心となっている都市なのですが、


グラナダにも大規模な港湾、工業地帯は存在するため、


『大規模工業地帯の建設と言うよりは中規模の工業地帯を建造していく』


という都市になります。


開発コンセプトは『陸、空、海、都市の共存~拓けテクノベース~


ということなので鉄道の建設や空港の整備、港湾の開発を進めていきます。


主要交通機関は新グラナダ駅からの新幹線{クオリア アクアライン(仮)}


グラナダからの高速鉄道ドーバー線、鉄道も1路線。


中心部の写真↓


クオリア帝国 ドーバー-37.1 月.201330530669


あくまで中規模工業都市なのでこれ以上は都市化を進めず、


地道に低密度の住宅街および商店街を発展させていきます。


しかしこの時点でこの都市の都市開発に大きな欠陥があります。


それは都市部と工業地帯が隣接していることです。


お互いに幸福度を下げあうという悪循環に陥ってしまっています。


幸福度が低いため大工場が建ってもすぐ放棄されてしまいます。


即急な新たな都市計画を練らなければなりません(汗)


首都グラナダとの並立した開発を行っていますが、


グラナダの産業発展はついに停滞期を迎えました。


人口増加も止まり、今窮地に立たされています。


この都市が首都のピンチを救う救世主になってくれることを願います。


クオリア帝国 グラナダpart6

1週間ぶりの更新です。


この1週間は試験勉強に徹していたため更新ができませんでした。


試験も終わり、一息ついたところです。


今回で6回目の新大陸開拓記。


今回は108年から165年まで続いた57年間の高度経済成長期の終焉です。


開発から108年目。山間部の『緑ヶ丘地区』(巨大ベットタウン)開発を皮切りに、


急激な人口増加、経済発展を遂げてきました。


108年当時の写真はこちら。


クオリア帝国 グラナダ-108.12 月.311326632000


中心部を中心に栄え、各地区の開発が急ピッチで行われていました。


この時点で人口61万人。


そして次がピーク時の165年の写真。


クオリア帝国 グラナダ-165.10 月.101328287433


都市化が進み都市が広がりました。


この57年間の間に新幹線の中心駅である新グラナダ駅を中心に、


新都心が開発されました。


人口増加により各交通機関が麻痺しグラナダWESTライナー(グラナダ西新幹線)


を開発したのもこの57年間の間です。人口は95万人を越え97万人に。


商業人口も一気に増え51万7千人に。


しかしオフィス需要の大暴落と通勤時間の増加により、


高度経済成長期は終焉を迎えました。


それからというもの中心部でも高層ビルの廃墟化が進み、


一時97万人の人口が90万人に。商業人口も45万人にまで落ち込みました。


大陸首都グラナダは発展停滞期を迎えました。


そして20年経過。再開発プロジェクト作動!


・ 廃墟は全て撤去し新たなビルに建て替える


・ 需要を伸ばすため隣接している都市『ドーバー』の開発を進める。


・ 中心部に新たな高速⇔地下鉄道接続ターミナル駅を開発


・ 都市化の推進は控え、経済の発展を促す


・ 各駅の巨大化再開発(輸送量限界値の底上げ)


これらの政策を実行したところ、


人口は95万人、商業人口は47万人にまで回復しました。


そしてグランドスクエア駅が開業した中心部の写真がこちら。


クオリア帝国 グラナダ-183.6 月.81329493856


グラナダ経済特別区中心部地区の写真。


大陸首都のランドマークである『インターナショナル コレクトセンター』を


中心とする地区です。グランドスクエア駅が開業したため、


中心駅であるグラナダ中央駅の輸送限界が多少緩和されました。


しかしまだまだ交通機関の問題は山積みです。


この都市は大通りが少ないため、道路の拡張政策をとろうかとも考えています。


さて次回の更新では夢の100万人都市になっているでしょうか?


楽しみにしててください!





クオリア帝国 グラナダpart5


第5回新大陸開拓記です。


今回は人口100万人直前記念と新交通機関開発について書いていきます。


まずこの都市も人口90万人の大台を突破し、


現在人口95万人弱となっています。


人口の増加により各交通機関の輸送率が落ち、


通勤時間が問題で無職の住人が増えてきているというのが現状です。


まずは画像をご覧ください。


クオリア帝国 グラナダ-165.10 月.101328287433


全交通機関の中心である『グラナダ中央駅』を中心に、


高速鉄道網、バス、環状線で何重にも都市を囲むようになっています。


ベットタウン開発による急激な人口増加により、


各種交通機関が悲鳴をあげている状態でした。


現状を解決すべく立ち上がったプロジェクトがこちら。


緑ヶ丘の新たな交通 ~都心直結型輸送を目指して~


と言うことで前回新幹線を延伸、地下鉄を延伸、環状線の拡大。


この3つの内どれかで解決を目指すと書きました。


考え抜いた末、出した答えは…


クオリア帝国 グラナダ-159.12 月.41328111060


『新幹線』


緑ヶ丘西部にあるJCTの近くに新たなターミナル駅を建設しました。


他都市との接続はなく山形・秋田新幹線のようなミニ新幹線ということで、


特急方式を取り入れ開発を進めました。(規格はフル規格)


都市部から外れた西部を通っておりこれからの西部開発の礎となる、


重要な交通機関として期待されています。


区間は新緑ヶ丘駅からグラナダ新都心駅の区間。


駅数はその区間だけで4つを予定しています。(高速鉄道方式)


最後に開発結果報告。


・ 新幹線、地下鉄、鉄道いずれかの交通機関で現状の容量越えを解決。…


・ 資金はできるだけ抑え目に。最短、最安ルートで着工。…(グラナダ西部)


・ ストロー効果により他地区の発展を妨げないように。…(さらなる発展に期待)


・ 沿線地区にも利得が得られるような輸送計画を。…(各駅部周辺の発展に期待)


・ 輸送速度はできるだけ早く。…(グラナダ都市新幹線緑ヶ丘線)


結果、すべてにおいて達成することができました。


開業すると都市内最速の250㎞の高速輸送で緑ヶ丘~新都心間が結ばれます。


まずは緑ヶ丘~新都心間で直通開業しました。


これから沿線部に駅を開発していきたいと思います。


次回書くときにはきっと100万人を突破しているでしょう。


お楽しみに!








FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。